社本@元ネオニート Blog

社本@元ネオニート (元々ワック) のいたずら書き (for Programmers)

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

社本@元ネオニート Blog
働いたら負けかなと思っていたのですが。。とうとう働き始めました。アメリカのシアトル・エリアにある企業向けのバックアップソフトを開発している会社です。日本人は私だけ。なんとか。。やっていけてるようです。

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

Hyper-V 3.0用 VM の作成 - PowerShell

Windows 8/Windows Server 2012 には、Hyper-V 3.0 用にcmdlet が強化されています。
この強化されたcmdletを使って、VM名の フォルダーの下にSnapshot, Virtual Hard Disks,
Virtual Machine フォルダーを、まとめて作成するスクリプトを作成してみました。
(Windows 8 RTM で動作確認しています。)


---
#$BaseDirectory = "H:\Virtual Machines"
$BaseDirectory = Split-Path $MyInvocation.MyCommand.Path

# Please customize following values
$VMName = "Test"
$VMHardDiskDrive_Sizebytes = 127GB
$VMHardDiskDrive_LogicalSectorSize = 4KB
$VMProcessor_Count = 2
$VMMemory_StartupBytes = 2048MB
$VMNetworkAdapter_SwitchName = “Virtual Switch”

New-Item -type directory "$BaseDirectory\$VMName\Virtual Hard Disks"
New-VHD `
    –Path "$BaseDirectory\$VMName\Virtual Hard Disks\$VMName.vhdx" `
     –SizeBytes $VMHardDiskDrive_Sizebytes `
    –LogicalSectorSize $VMHardDiskDrive_LogicalSectorSize `
    –Dynamic

# "Virtual Machine" & "Snapshot" directories are automatically created under $BaseDirectory.
New-VM -name $VMName `
    -path "$BaseDirectory"
Set-VMProcessor $VMName `
    -Count $VMProcessor_Count
Set-VMMemory $VMName `
    -StartupBytes $VMMemory_StartupBytes
Add-VMHardDiskDrive $VMName `
    -path "$BaseDirectory\$VMName\Virtual Hard Disks\$VMName.vhdx" `
    -ControllerType IDE `
    -ControllerNumber 0 `
    -ControllerLocation 0
Connect-VMNetworkAdapter $VMName `
    -SwitchName $VMNetworkAdapter_SwitchName

#Start-VM $VMName
---
 

投稿日時 : 2012年9月11日 19:38


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント