ぺがらぼ Blog

VBが好きな立場で.NET!

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

ぺがらぼ Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

フリーOSやフリーOfficeを提案したくない理由

あるシステムディーラーやあるエンジニアといったシステム提案者から時々、「エンドユーザー様に、コストダウンを図る為、クライアントPCをフリーOS(Linux + X-Windows)やOpen Officeにしたいのですが、どうでしょうか?」と相談を受けることがあります。私はそういった提案はお断りしています。
 #そういった提案を持ちかけてくる方は、私に対する報酬もだいたい低い事も理由になりますが…
なぜなら、そのシステムを構築した時、システムとは関連性の低いOSのトラブルがあった場合、その責任は構築した者たちが取らざるを得ません。OSやアプリケーション(Officeなど)に致命的なトラブル(例えば、セキュリティホールなど)が合った場合、Microsoft WindowsやMicrosoft Officeならば、Microsoft社に責任があります。だからこそ、Microsoft社は、Microsoft Windows UpdateやMicrosoft Office Updateといった、Microsoft Updateがあるわけです。
しかし、LinuxやOpen Officeには瞬時に対応する事ができません。なぜなら、フリーソフトであり、セキュリティ対応パッチも自分で作るか誰かが提供してくれるまで待つしか無いのです。
 #Microsofot社の対応の早さは、「Svchost.exe - アプリケーション エラー」についてを参考にしてください。

イニシャルコストを抑えることよりも、トータルコストを抑えることを考えないと、とんでもない費用がかかる事を考えて欲しいものです。

投稿日時 : 2007年1月14日 19:05


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント