ぺがらぼ Blog

VBが好きな立場で.NET!

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

ぺがらぼ Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。

昨日11/16に、本日11/17に行われるVisual Studio 2005の発表に伴い来日する、VBのアーキテクトポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。

その中で色々な質問や要望をぶつけてきました。
(様々な質問や要望がありましたが、纏められる点だけを記載させていただきます。)

質問:VB2005の開発でもっとも苦労した点はなんですか。
回答:他言語との整合性が難しかった。
現状の言語仕様との整合性を取るのが難しかった。例えば演算子のオーバーロードを実装するときにオーバーロードされた演算子と既存の型による演算子をうまく共存させることなど。(同席していた福井厚さんからの指摘により修正)

質問:VBがC#に機能的に勝っていると考えているところはありますか。
回答:My Name Space、My FrameworkはC#には無い機能であり、当然使いやすいはず。

質問:C#チームとの共同作業はありましたか。
回答:もちろんありました。.NET Framework 2.0の対応やジェネリックの問題点をC#チームに相談したりしました。

質問:APIやSDKなどのサンプルコードがC#やVCに比べて少ないと思われます。
回答:この点は深刻な問題として受け止めており、現在対応中です。

質問:VB2005の開発言語は何ですか。
回答:コンパイラーはアンマネージドコードの関係でC++を使っています。しかしマネージドライブラリーはVBを使って開発しています。将来、長期的にはVBでコンパイラーを作る予定です。
ちなみに昔は、Winフォームデザイナ・FrameworkはC#で作っていました。

質問:VBで実現したい機能はなんですか。
回答:マルチプロセッサーを使うことができるようにしたい。プログラミング作業を簡単に書けるようにさせたい。

質問:グローバル変数を多用するのは有りでしょうか。
回答:グローバル変数自体は必要悪であると思う。

質問:VBがどれだけ好きですか。
回答:VBに誇りを持っている。ただ、コンパイラーの開発でC++を使った時、戸惑いを感じたのは事実です。(笑)


要望:IDEそのものをマルチランゲージ対応にしてほしい。
回答:それをVisual Studioチームに伝えることを約束します。


ポール ビック さん、貴重な時間を私達の為に裂いていただき、ありがとうございます。この場を借りて改めて御礼申し上げます。




      記念撮影
     

投稿日時 : 2005年11月17日 1:39


コメントを追加

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月17日 3:07 沼口@MSFT

いい笑顔ですね!レポートありがとうございました。

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月17日 9:03 ぺがらぼ

>沼口@MSFTさん
嬉しかったの一言に尽きますからねぇ...
笑顔が自然にでてました。

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月17日 9:35 ナオキ

凄いQ&Aですね!!!
沼口さんが仰るように二人とも素敵な笑顔です♪
きっと充実した時間を過ごせたんだろうなぁ(羨ましい)

ぺがらぼさんは英語ぺらぺらだったのですか???(素朴な疑問)

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月17日 9:41 ぺがらぼ

>ナオキ さん
英語ぺらぺらです。と言いたい所ですが、まったく解りません。
ちなみに、このテーブルには通訳さんがいました。

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月17日 10:04 ナオキ

[.NET][お勧め]VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。
トラバ失敗してしまったのでコメントですー。

http://d.hatena.ne.jp/naoki0311/20051117/1132189248

英語で直接会話出来なかったにしろ、お二人の笑顔を見れば本当に楽しみながら会話したのが伝わってきますよ!

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月18日 1:27 福井厚

ホント、良い笑顔ですね~(^_^)
ぺがちゃんの素敵なところが良く出てますよ。

ちなみに最初の質問の回答は「他言語との整合性が難しかった」ではなく、「現状の言語仕様との整合性を取るのが難しかった。例えば演算子のオーバーロードを実装するときにオーバーロードされた演算子と既存の型による演算子をうまく共存させることなど」のような感じだったと思います。

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月18日 2:46 NyaRuRu

コメント欄にてごめんなさい.17日の飲み会で話していた P/Invoke の話です.
http://www.gdncom.jp/general/bbs/ShowPost.aspx?PostID=38030

サンプルに書いたのは C# のコードですが,Visual Basic .NET でも利用可能なはずの手法です.
というわけでポインタが無くても P/Invoke ではハンデにはならないですよー

#  re: VBアーキテクトのポール ビック (Paul Vick)氏とのRoundTableを行いました。 2005年11月23日 19:53 ぺがらぼ

>福井厚 さん
修正いたしました。

>NyaRuRu さん
ふむ...なるほど...飲みの席での話し「ポインタについて」についてのリンク、ありがとうございます。
タイトル
名前
URL
コメント