Sugi@ぱぱんぶぃびぃ Blog

VBとかVB.NETとかVB2005とか・・・

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

Sugi@ぱぱんぶぃびぃ Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

CMS: Rainbow Portal 2006

今まで存在そのものは知っていたものの、なかなか機会がなかったのですが、
今日、初めてインストールしてみました。

ASP.NET系のフリーのCMSというと、最も代表的なのはDotNetNukeだと思います。
DotNetNukeはVB.NETで開発されているのに対し、このRaibowPortalはC#で開発されています。
いずれもオープンソースです。

使用方法は、DotNetNukeとよく似ていますが、DotNetNukeのUIに慣れている方は、
若干のチープさとイライラを感じます。

さてさて・・・、インストール方法を簡単に(といっても、DotNetNukeのインストールとほぼ同じです)。

  1. RainbowPortalを公式サイトより入手します。
  2. 入手したファイルを任意のフォルダに展開します。(例) C:\Rainbow
  3. フォルダのセキュリティでASPNETユーザー(Windows XPの場合)に読み取り・編集・書き込み権限を加えます。
  4. WEB仮想フォルダ(/Rainbow)を作成し、ファイルを展開したフォルダを指定します。
  5. SQL Enterprise Manager 等からデータベース Rainbow を作成します。
  6. Web.config内のデータベース接続文字列を編集します。
  7. {展開したフォルダ}\Setup\Scripts\1.1.7.1111_Localization.sql が欧文のエンコードとなっているため、
    UTF-8で保存しなおします。
  8. WEBブラウザから、http://localhost/Rainbow にアクセスします。
  9. 表示されるページの手順どおりに進めていき、無事に終了すると、デフォルトのTOPページが開きます。

ちなみに、上のスクリーンショットは、TOPページにBLOGモジュールを配置してあります。

ファイルを物色してみたら、日本語のリソースファイルを見つけることはできましたが、
これをどのように設定したら良いのか、まだわかりません。

できたらまたここに書きます。

# 今度時間ができたら、Mono Framework でも動作確認されている、OminiPortal ってやつを試してみようと思う。(こちらも開発はC#)

投稿日時 : 2006年6月10日 1:03


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント