Sugi@ぱぱんぶぃびぃ Blog

VBとかVB.NETとかVB2005とか・・・

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

Sugi@ぱぱんぶぃびぃ Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

VB.NET: プロジェクトテンプレートのカスタマイズ その2

コンソールアプリケーションのスタートアップオブジェクトをクラスに変更する

[VS.NET2003のフォルダ]\Vb7\VBWizards\ConsoleApplication\Templates\1041
内に、Class.vb という名前でファイルを作成し、内容を以下のようにし、保存します。

Public Class [!output SAFE_ITEM_NAME]

??? Public Shared Sub Main(ByVal args() As String)

??? End Sub

End Class

次に、[VS.NET2003のフォルダ]\Vb7\VBWizards\ConsoleApplication\Scripts\1041
にある、default.js の37行目、38行目を
37:  strTemplateFile = strTemplatePath + "\\Module.vb";
38:  item = AddFileToVSProject("Module1.vb", project, project.ProjectItems, strTemplateFile, false);
から
37:  strTemplateFile = strTemplatePath + "\\Class.vb";
38:  item = AddFileToVSProject("Class1.vb", project, project.ProjectItems, strTemplateFile, false);
に変更します。

同じく、42行目の
42:  project.Properties("StartupObject").Value = project.Properties("RootNamespace").Value + ".Module1";
から
42:  project.Properties("StartupObject").Value = project.Properties("RootNamespace").Value + ".Class1";
に変更します。

default.js を上書き保存したら、完了です。

Visual Studio.NETから新規コンソールアプリケーションプロジェクトを選択すると、
Moduleベースではなく、Classベースでプロジェクトが作成されるようになりましたね。

投稿日時 : 2005年1月28日 22:51


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント