koido Blog

XPerの日々

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

koido Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

デマルコ「熊とワルツを」から「リスクを管理すべき理由」

第四回は、「第4章 リスクを管理すべき理由」 です。

デマルコは、今まで成功した管理者(結果的に)は、ぎりぎりの許容範囲の日付を告げて、あとは幸運を祈っていて、しかも幸運に恵まれていた。そして、顧客はプロジェクトの初期の段階から非常に正確な納期が保障されることが当然だと思うような状況になっている。この様な状態の管理者は、遅れや失敗を顧客には伝えず、起きてから少しずつそっと伝えればよいと考えていると書いています。
リスク管理をする場合は、不確定要素をしっかり顧客に伝え、納期の幅を伝え、その不確定要素に対する対策を告げて、現在のプロジェクトの状態を顧客が把握できるようにする必要があると書いています。これらの情報を基に、顧客が判断を行うことになると言っています。
リスク管理を行う理由には以下のようなものがあげられています。

私が関わっているプロジェクトについても、すぐにでもしっかりとしたリスク管理を行うべきであると感じています。


 

投稿日時 : 2004年6月5日 1:20


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント