koido Blog

XPerの日々

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

koido Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

C.アレグザンダー「まちづくりの新しい理論」から「ルール5・大きな建物の内部プラン」

「ルール5・大きな建物の内部プラン」についてを紹介します。

アレグザンダーは、都市が全体性を持つためには、都市を作り上げている建物の内部プラン(内部空間の配置)についても、共通した考えを持つ必要があるといっています。
また、建物が十分に自立した全体性をもち、その周囲にその全体性を生み出すようになるまで、修正を加えなければならないとも言っています。
次に、アレグザンダーは、要素をきちんと順序づけ、まとめるために、建物の内部プランのプロセスを詳細に定義しています。
各ステップは、全体から詳細へと複数のレベルと各レベルのパタン・ランゲージで構成されています。

最近、マイクロソフトで公開したエンタープライズ ソリューション パターンなども、これと共通性があるとと思います。
また、建物を低層階にするなどの制約を設けることで、シンプルさを維持して自由度を上げているという話がありました。

プロセスとビュー、シンプルとパタン・ランゲージ、興味深い組合せです。

投稿日時 : 2004年6月17日 0:39


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント