koido Blog

XPerの日々

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

koido Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

リモーティングの独自例外について

リモーティングで独自例外が発生する場合で、シリアライズなどの対応を行うことで、クライアントに転送することができます。
しかし、クライアントに例外のクラスが存在しない場合は、問題が発生します。
新たな例外として、シリアライズできないという例外(System.Runtime.Serialization.SerializationException)が発生します。
当然、シリアライズできないので、元の例外情報はなくなってしまいます。

対処方法として、リモーティングのサーバー側で一般的な例外で再スローする方法がありますが、クライアントがどの例外を処理できるか/できないのか意識することになり、トレードオフが発生してしまいます。

なかなか、設計上悩ましい問題です。

 

投稿日時 : 2004年10月14日 12:18


コメントを追加

#  re: リモーティングの独自例外について 2004年10月14日 14:52 石野 光仁

Webサービスの例外処理も悩ましいです。。。
タイトル
名前
URL
コメント