菊池 Blog

移転しました 続・菊池 和彦の足跡

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

菊池 Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

Windows Vista + Windows Live Writer

な環境からの書き込みテスト

一般に高性能なPCが必要と言われるWindows Vista ですが、ThinkPad T42pでは快調に動作しています。

Pentium M 2.1GHz / Memory 1GB 、HDDは標準の60GB から 100GBに換装しています。

Aeroもちゃんと透けるようになってますし、って事で2年前の最上位系ならほぼ支障無しですね。

 

Vista で Visual Studio 2003/2002が動かないって話が出てますが、何をいまさら&当然です。

このBlogでもすでに言及していますが、.NET Framework 2.0がインストールされている環境には .NET Framework 1.1/1.0 SDKはインストールできず、そもそも、Vistaは.NET Framework 2.0がプリインストールです。よって、Visual Studio 2003/2002は依存するSDKがインストールできませんので、そもそもインストールできませんので動作保障するしないの問題ではないです。

ただし方法論的にはVista上で Visual Studio 2003を動作させる環境を作成することは可能で、Windows XP 上に Visual Studio 2003をインストールした上で、Windows Vista にOSをアップグレードします。これによりVistaでVisual Studio 2003が動く環境を作れます。

Visual Studio 2002との共存環境を作る場合にはさらに注意が必要で、Visual Studio 2002は.NET Framework 1.1がインストール済みの環境にはインストールできませんので、Windows XP(SP無し)をネットワーク分離環境でインストールして(Windows Updateから.NET Framework 1.1が入らないようにした上で) Visal Studio 2002をインストール後、Windows UpdateでXP-SP2にし、VS2003、VS2005、そしてVistaへのアップグレードをする必要があるはずです。(VS2005/Vistaはどちらを先にするか悩みどころですね)

もちろん、こんな面倒なことを自分はする気もなく、空っぽなHDDに直接Vistaをインストールしましたので Visual Studio 2002/2003を動作させる環境はVirtual PCを使うとか別の方法論を使うことになります。

投稿日時 : 2006年9月30日 18:34


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント