菊池 Blog

移転しました 続・菊池 和彦の足跡

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

菊池 Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

VS2010 Beta 2 Live

すでに青柳先生がまとめてくれているのでエディションラインナップを眺めながら時期開発環境にどのエディションを使うか考えてみる。

ちなみにうちの会社の現状は VS2008Pro + OnTime + SubVersion + ReSharper + CC.NET と VS2005+VSS の環境混在で SubVersion のVS AddIn はせずに亀利用という形

さて、VS2010 からは TFS が全エディションに乗っかった形になり基本機能化が大きく OnTime + SubVersion + CC.NET の機能をまとめて TFS に投げられる形になる感。こっそりとVisual SourceSafe 終了のお知らせが流れていないか探してみたけど見当たらず。流れていれば VSS は即刻廃止して SubVersion or TFS 移行のアクションをとらなきゃと思ってるんだけどどうなんでしょう。

Diagnostics の Code Coverage / Profiling により Premium が VSTS 相当系ラインである事を物語ってる感があるが、Database Development が Professional に無いのがアレ。VSTS-DB 相当の機能だけを言ってるのか VS 2008 Pro でも存在していたデータベースプロジェクトやSQL Debugger含めて完全に無いのかによってはおのずと選択肢は決まっちゃいそう。

VS2008からのビルドターゲットのフレームワークバージョンを切り替える機能は継承されるので VS2010を使って過去の.NET Frameworkをターゲットとしての開発は可能なので。( .NET 4 は CLR が変わるのでVS2010のターゲットフレームワーク切り替えはランタイムの切り替えまで含む形で VS2008より強化されている)

Premium からは Expression Studio 3 等のデザイン系およびOffice等のライセンスが付属ってのも大きい、Pro - Premium の価格差次第では実質価格としてPremiumが一番安い形にもなりかねないけどまだ価格が出てきてないんでちょっと躊躇。

 

Windows 7 サポート 充実

私的観測網的には Beta 2 の痛IDE化はまだ実現されていない模様。(時間の問題でしょう)

投稿日時 : 2009年10月21日 9:56


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント