石野光仁 Blog

開発、C#、ASP.NET、アイライトの活動について、いろいろ

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

石野光仁 Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

SignalRを使ってみた

一日に、二度Advent Calendarに参加してしまった、アイライトです。
(思っていたより、大変・・・)
この記事は、One ASP.NET Advent Calendar 2012 の参加記事となります。

23日中に、記事を一本書き上げなくてはいけないのに、現在23時21分
しかも、昼間の天気のよさに負けて、ドライブに出てしまい。
その後、クリスマス会にも参加して、どうしようもない状態での参加となってしまいました。

ちょっと反省・・・(何に反省したらいいのか、迷うぐらい全部がダメ)
と、落ち込んでいても仕方ないので、さっそく素材集めを行います。

今回は、ASP.NET SignalRについて、コメントのような記事を書きたいと思います。
とりあえず、以下のページを見てください。
http://signalr.net/

NuGetで、サンプルを手に入れる事が出来ると書いてあります。

でね。

これ、このまま入力しても入らないんですよ。
では、さっそくSignalRのサンプルを動かすことにしましょう。

まず、新しいプロジェクトでWebのテンプレートの中から、ASP.NET 空のWebアプリケーションを選んでください。

メニューから
表示->その他のウィンドウ->パッケージ マネージャー コンソール
を選んで、パッケージ マネージャー コンソールを開いてください。

プロンプトが表示されますので、SignalRのページに書いてある、以下のコマンドを入力してみます。

Install-Package Microsoft.AspNet.SignalR.Sample

これを、実行すると、、、

パッケージが見つかりません。 ってエラーになってしまいます。

なんですと? SignalR自体が、プレリリースパッケージのオプションをつけて配布しているので、
サンプルにも、オプションをつけて取得してみましょう。

Install-Package Microsoft.AspNet.SignalR.Sample -Pre

ということで、Preオプション(Prerelease Package)をつけて実行します。

無事に、インストールが完了します。

プロジェクトフォルダーの中に、「SignalR.Sample」フォルダーが作成されます。
中に、「StockTicker.html」がありますので、右クリックして、「スタートページに設定」を選択して下さい。

F5(デバッグ実行)を行ってください。
ブラウザーが立ち上がり、SignalRのサンプルが動きます。

ついでに、インストール済みのブラウザーを立ち上げて、URLをコピーしてみてください。
(複数のページで同じURLを見ていてください)

画面に表示されている、「Open Market」をクリックしてみてください。

ここまでくれば、SignalRを調べられると思います。

現座時刻が、23:54分です。ギリギリ

本当は、SignalRでサンプルプログラムを書いて、紹介しようと思っていたのですが、環境の構築に手間取ってしまって、今回はこんな内容になってしまいました。

次回では、SignalRで遊んでみたいと思いますので、その時までのお楽しみということで、今回はしめたいと思います。

記事を落とすことなく、One ASP.NET Advent Calendar 2012 に参加することが出来ました。

次の方へ、バトンを繋げます。

ではでは。

One ASP.NET Advent Calendar 2012 参加記事でした。
http://atnd.org/events/33667

投稿日時 : 2012年12月24日 0:03


コメントを追加

タイトル
名前
URL
コメント