石野光仁 Blog

開発、C#、ASP.NET、アイライトの活動について、いろいろ

AILight Banner
AILight Blog

プロフィール

石野光仁 Blog

目次

Blog 利用状況

記事分類

過去の記事

タグ

“脳を育てる”学習机

とりあえず、リンク先を見てください

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/19/news031.html


左脳を育てる、RWデスク(読み書き)

はいはい。

そして?

身技能を育てるHCデスク(工作、お絵かき)

うんうん。

そして?

PC上で整理するための、PCデスク

はいはい。

って、、、、

馬鹿、言っているんじゃない!!

こんなスペース、どこにあるんだ?

#脳を育てるって、いうのは
#脳を使って作った、本物を触らせてあげることだと思う。
#脳を使うために、配置しただけの机から、受け取れるものはあるのだろうか?
#無から有は生まれない。机の配置ではなく、机自体から知を受け取りたいものである。

投稿日時 : 2004年11月19日 14:31


コメントを追加

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月19日 14:46 菊池

無からこそすべての有が生まれるとも思うが(深遠)

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月19日 15:00 koyama

>子どもから大人まで使いやすいよう設計したとしている。

子供の机としては19万9500円は・・・
大人の机としても高いですな。

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月19日 15:04 石野 光仁

>無からこそすべての有が生まれるとも思うが(深遠)

ですね。有の有であることを突き詰めていくと、、、

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月19日 15:56 漁民

それでなくても対人コミュニケーション能力の欠落した子どもが増えているのに、あの隔離型はなんとかならないのか?

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月19日 16:19 石野 光仁

>あの隔離型はなんとかならないのか?

想像力を発揮させるためには、あの形が必要だそうです。
あんな場所に入れるだけで、想像力がアップするなら、、、
あれ? どれぐらい アップするんだろう・・・。

それにしても、謎な商品ですね。

#  re: “脳を育てる”学習机 2004年11月22日 1:31 安藤@大分

脳細胞同士の結びつきを強められるのは、
2~3歳くらいまでだった気がします。
(元ねた:特命リサーチ200X)

私はkavoさんに紹介してもらった、
http://www.utoypia.co.jp/

ここのおもちゃでこんどうまれてくる
こどもの脳を育てようと思っています。
タイトル
名前
URL
コメント